Dreamers Union Choirドリーマーズ・ユニオン・クワイアー

DUC Twitter

DUC Facebook

DUC Youtube

DUC_お知らせ_退会

ご報告

2017.8.9


DUCをいつも応援してくださる皆様に、心よりの感謝を差し上げます。
以下の通り、ご報告を差し上げます。

 

岩崎ひろきが2017年7月をもって退会いたしました。
大江友海は、同月をもって無期限の休会となりました。

 

諸事情により急な発表となりましたことと、十分なご挨拶ができなかったことについてチームとして大変残念であり、応援して下さる皆様にお詫び申し上げます。

 

DUCは引き続き大きな夢を追ってまいります。変わらぬご支援をお願い致します。

170827_WebTop

Power Chorus Showcase 6

2017.7.13


Serious Message In Happy Package

シリアスメッセージ・イン・ハッピーパッケージ

Power Chorus Showcase が今年のテーマとしたこの言葉は、グラミー賞アーティスト、「The Sounds Of Blackness (以下 Sounds)」のディレクター、ゲイリー・ハインズ氏がワークショップの際に残していった言葉の一つです。

 

Sounds Of Blackness もカバーする O’Jaysの名曲、Love Train をDUCが歌っていた際に、ゲイリーから、「もっと徹底的に明るく!」と檄が飛びました。

 

メンバーからは、「反戦歌だから、もう少しクールで深刻なのかと..」と言ったような疑問が出ましたが、その時のゲイリーの答えが、「Serious Message In Happy Package.(深刻なメッセージこそ、ハッピーなパッケージに包んで)」でした。

 

ゲイリーさんのオリジナルの言葉ではないでしょうが、それは、凄惨な人生を強いられてきたアメリカの黒人たちが生んだ、絶望から自分を救い出すためのツールであるアメリカ黒人音楽の本質を端的に表した言葉だと言います。

 

人間としての尊厳を否定され、何の権利も、抗うための武力も持たなかった奴隷たちに、たった一つ残された生き抜くためツール。それが、歌を歌うことでした。

 

希望を与えてくれるものは、奴隷たちの生活の中に実在はしてしない。だから見えない希望を歌う。内なる反抗心は皮肉の中に隠し、悲しみの慟哭を悲しみが解消された日の喜びを歌う力に変える。それが、「もっとも深刻なメッセージを、もっともハッピーなパッケージに包んで届ける」スタイルを紡いできました。

 

その力は今も、ブルース、ロックンロール、ソウル、ラグタイム、ジャズ、R&B、レゲエ、ファンクと言った黒人音楽のすべてに引き継がれています。
宗教や思想に他人を誘うためではなく、楽しいからという理由だけで歌うのでもなく、声を自慢するためでもなく、生きるために歌う歌。
それはいつか、私たち自身が追い込まれた時に思い出したい言葉とメロディーで綴られ、同じ悲しみを知る隣の誰かとハーモニーを作る。そうして、ある日それが生きる力を与えていることを知る。それこそこの音楽が奴隷たちの時代から紡ぎ、今日の私たちが、宗教や文化の違いを超えて、この音楽の中に追い求める命の音楽の姿です。

Power Chorus Showcase 6
“Serious Message In Happy Package”

前売り1000円(小人500円)
当日券1500円

出演者から直接購入いただくか、
powerchorus.theshop.jp からご購入いただけます。

牛込箪笥区民ホール(大江戸線/牛込神楽坂駅直結)
2017年8月27日(日)
開場時間 14:20
開演時間 15:00

出演:
Power Chorus マチサガ!(町田)
UBUNTU(葛西)
Power Chorus 大田
Bayside Greenness(横浜)
Power Chorus 新宿
プレスト(東京)
Busy Smile Deliverers(志木)
キッズパワーコーラス(志木)
morfas(神戸)
Little Lights Choir(吉祥寺)
Dreamers Union Choir

 

チケット購入:powerchorus.theshop.jp (発売開始は来週です)
お問い合わせ: dreamersunion.info@gmail.com

DUC170618Sorry For Sold Out

6.18 Sold Out

2017.6.14


おかげさまをもちまして、6.18 Dream Report は、1st、2nd ともに完売となっております。

当日券の発行もございません。

おこしいただけなかった方には心より申し訳ありません。

今後とも、Dreamers Union Choir ライブをよろしくお願い致します。

 

DUC_PC_cover_828x315_2

6.18 Dream Report: 譲れなかった道の果てに、たどり着いた場所がある。

2017.3.25


[10年かけて追ってきた、クワイアーサウンドの夢。]170618 Flyer 表

この国での「クワイアーというスタイルのアーティスト」の確立という夢を目指して歩んできた10年。僕らはどこまで来たのか。
ゴスペルだと名乗ってしまえば、フェスやイベントにどんどん出演して、もっと広く知られ、愛されていたのかもしれない。
それでも、いつかの未来に国際社会に対して胸を張って私たちはアーティストだと言える日のために、決してそれをしなかった。
少しずつ本気のシンガーが集まり、本気の音楽家が育ち、少しずつDUCの夢が伝わった。本気の人々によって大事な音楽の技術が持ち込まれた。
人材、技術、メッセージ、信じてくれる人々、そしてサウンドが、成長した。
私たちの心を震わせたクワイアーというスタイルのアートが、この国の誰もが参加出来る形であるために、誰かが証明しなくてはいけないことをやる。そうして歩んできた10年。
私たちはどこまで来たのか。
まだ道は半ば、それでも10年。
DUCが10年前に見始めたその夢の中間リポートを、今できる最高のサウンドでお届けします。

 

1st Set: Unplugged(アンプラグド)
14:00 開場 14:40 開演
チケット: 前売り 一般 ¥3500円 学生(高/専/大) ¥2500 小・中学生¥2000

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

2nd Set: Uplifted(アップリフテッド)
18:00 開場 18:40 開演
チケット:前売り 一般 ¥3500円 学生(高/専/大) ¥2500 小・中学生¥2000

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

1st & 2nd 通しチケット 
前売り 一般 ¥6000円 学生(高/専/大) ¥4500 小・中学生¥3500

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

於:横浜赤レンガ倉庫ホール

 

[ご注意] *それぞれ、学生、小・中学生は数に限りがあり、完売後は「一般」でのご購入をお願い致します。

チケットご購入 http://powerchorus.theshop.jp

 

Musicians:

Drums: 佐藤由
Bass: 長谷川慧人
Guitar: 加部輝
Keyboard: 木島タロー
Strings: Helz Quartett(ヘルツカルテット)
Violin I 大塚樹里
Violin II 西條えりか
Viola 堀場裕太
Cello 山本渉
Sound Engineering: 富正和(M-Aqua) & Staff
Lighting:相原衣里 & Staff

 


1st Set(14:00-) UNPLUGGED*
アンプラグド (¥3500)

由アンプラグド

アコースティックギターやパーカッションを中心にした温かみのあるサウンドでお届けします。

クワイアーとしては日米通して珍しいスタイルで、シンガーは主に「Power Chorus ステージスツール」という、DUC特注の椅子に腰掛けます。
リラックスして、シンガー同士が心を通わせ、歌の心やハーモニーの美しさを届けるためにDUCが選び、育ててきたスタイルです。

 

人の声の魅力をあますところなく、もちろん、時にはエキサイティングに。
10周年記念の今回はなんと、バンドに弦楽四重奏「Helz Quartett」を交えてお届けします。

 

 

*Unplugged・・・「プラグで繋がれていない」という意味の英語で、電気的なサウンドではないライブ、というような意味でアメリカのMTVが使い始めた言葉です。


2nd Set: UPLIFTED
アップリフテッド(¥3500)

加部EG
これぞ醍醐味、濃厚なバンドサウンドとクワイアーのパワーの融合で駆け抜ける100分。

アメリカのゴスペルの持つパワーに嫉妬し続け、追い求め、今やRockよりRockするクワイアーミュージックへと育ったDUCの集大成。
声、言葉、バンド、そのどれもが、パワフルに鍛え上げられ、練り上げられ、初めて織りなせるPower Chorus の世界。

 

怒涛のサウンドと、そして時に包み込むような優しさと、めくるめくハーモニーの夜をお楽しみください。

10周年記念の今回はなんと、バンドに弦楽四重奏「Helz Quartett」を交えてお届けします。

 

JLSC_DUC_Banner

報告:ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト「ファイナリスト!!」

2017.3.12


DUCの音楽が世界に通じたことに、興奮しています!

アメリカの国際コンテスト、「ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト」で、Dreamers Union Choir の 「United Dreamers」 が、ゴスペル/インスピレーショナル部門のファイナリストに選出されました(2016 Session II)。

この「インスピレーショナル」というのが、英語圏で、僕らが言っている「Power Chorus」にほぼあたるジャンルです。

 

優勝こそいたしませんでしたが、ファイナリストは各部門(フォーク、R&B、童謡など全12部門)にたったの3名で、事実上、準優勝になります。

 

ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト

は、オノヨーコが設立し、今年で20年目になるアメリカで最も規模の大きいソングライティングコンテスト3つ程度のうちの一つです。
審査員は以下のような名だたるアーティストばかりです。

ジミー・クリフ
ブーツィー・コリンズ
ファーギー(ブラックアイドピーズ)
フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
シーラE
ネイザン・イースト
etc….

今回のシーズンでは、DUC以外すべての受賞者(12ジャンルの各優勝者と、ファイナリスト)が、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの英語圏からで、心より名誉なことです。

 

Dreamers Union Choir の名前は、ジョン・レノンの「Imagine」に由来します。
ゴスペルのレプリカをやりながらアーティストを名乗ることはできない。
アートをやるのだから、ゴスペルを名乗らない。
そのコンセプトで10年の時を歩んできたDUCにとって、世界で評価されるアートを行っていることが証明された、それも、ジョン・レノンの名を冠する大会で、こんなに素晴らしい10年記念の贈り物はありません。

 

日本から、キリスト教活動でないのにゴスペルを騙ったりしなくとも、世界に誇れるクワイアーアートを発信することができる、その可能性、その証明と、なることができたと感じています。

 

今回の受賞は実質的に1部門の準優勝であり、賞品は全く大きなものではありません。

 

しかし、今回の実績は、僕らは世界に通じる音楽を行っているのだという思いに堅固な確信を与えてくれました。それで、あまりにも十分です。

 

応援してくださる皆様に、心より感謝いたします。

DUCは、この国にクワイアーというアートが存在できることを証明するために、まだまだ成長します。

これからもなにとぞ、よろしくおねがいたします。

リンク:ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト(Official)

 

 


Dreamers Union Choir
ドリーマーズ・ユニオン・クワイアー

Copyright 2015 Dreamers Union Choir. All Rights Reserved.