Dreamers Union Choirドリーマーズ・ユニオン・クワイアー

DUC Twitter

DUC Facebook

DUC Youtube

DUC_PC_cover_828x315_2

6.18 Dream Report: 譲れなかった道の果てに、たどり着いた場所がある。

2017.3.25


[10年かけて追ってきた、クワイアーサウンドの夢。]170618 Flyer 表

この国での「クワイアーというスタイルのアーティスト」の確立という夢を目指して歩んできた10年。僕らはどこまで来たのか。
ゴスペルだと名乗ってしまえば、フェスやイベントにどんどん出演して、もっと広く知られ、愛されていたのかもしれない。
それでも、いつかの未来に国際社会に対して胸を張って私たちはアーティストだと言える日のために、決してそれをしなかった。
少しずつ本気のシンガーが集まり、本気の音楽家が育ち、少しずつDUCの夢が伝わった。本気の人々によって大事な音楽の技術が持ち込まれた。
人材、技術、メッセージ、信じてくれる人々、そしてサウンドが、成長した。
私たちの心を震わせたクワイアーというスタイルのアートが、この国の誰もが参加出来る形であるために、誰かが証明しなくてはいけないことをやる。そうして歩んできた10年。
私たちはどこまで来たのか。
まだ道は半ば、それでも10年。
DUCが10年前に見始めたその夢の中間リポートを、今できる最高のサウンドでお届けします。

 

1st Set: Unplugged(アンプラグド)
14:00 開場 14:40 開演
チケット: 前売り 一般 ¥3500円 学生(高/専/大) ¥2500 小・中学生¥2000

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

2nd Set: Uplifted(アップリフテッド)
18:00 開場 18:40 開演
チケット:前売り 一般 ¥3500円 学生(高/専/大) ¥2500 小・中学生¥2000

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

1st & 2nd 通しチケット 
前売り 一般 ¥6000円 学生(高/専/大) ¥4500 小・中学生¥3500

(各+郵送手数料1枚につき80円)

 

於:横浜赤レンガ倉庫ホール

 

[ご注意] *それぞれ、学生、小・中学生は数に限りがあり、完売後は「一般」でのご購入をお願い致します。

チケットご購入 http://powerchorus.theshop.jp

 

Musicians:

Drums: 佐藤由
Bass: 長谷川慧人
Guitar: 加部輝
Keyboard: 木島タロー
Strings: Helz Quartett(ヘルツカルテット)
Violin I 大塚樹里
Violin II 西條えりか
Viola 堀場裕太
Cello 山本渉
Sound Engineering: 富正和(M-Aqua) & Staff
Lighting:相原衣里 & Staff

 


1st Set(14:00-) UNPLUGGED*
アンプラグド (¥3500)

由アンプラグド

アコースティックギターやパーカッションを中心にした温かみのあるサウンドでお届けします。

クワイアーとしては日米通して珍しいスタイルで、シンガーは主に「Power Chorus ステージスツール」という、DUC特注の椅子に腰掛けます。
リラックスして、シンガー同士が心を通わせ、歌の心やハーモニーの美しさを届けるためにDUCが選び、育ててきたスタイルです。

 

人の声の魅力をあますところなく、もちろん、時にはエキサイティングに。
10周年記念の今回はなんと、バンドに弦楽四重奏「Helz Quartett」を交えてお届けします。

 

 

*Unplugged・・・「プラグで繋がれていない」という意味の英語で、電気的なサウンドではないライブ、というような意味でアメリカのMTVが使い始めた言葉です。


2nd Set: UPLIFTED
アップリフテッド(¥3500)

加部EG
これぞ醍醐味、濃厚なバンドサウンドとクワイアーのパワーの融合で駆け抜ける100分。

アメリカのゴスペルの持つパワーに嫉妬し続け、追い求め、今やRockよりRockするクワイアーミュージックへと育ったDUCの集大成。
声、言葉、バンド、そのどれもが、パワフルに鍛え上げられ、練り上げられ、初めて織りなせるPower Chorus の世界。

 

怒涛のサウンドと、そして時に包み込むような優しさと、めくるめくハーモニーの夜をお楽しみください。

10周年記念の今回はなんと、バンドに弦楽四重奏「Helz Quartett」を交えてお届けします。

 

JLSC_DUC_Banner

報告:ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト「ファイナリスト!!」

2017.3.12


DUCの音楽が世界に通じたことに、興奮しています!

アメリカの国際コンテスト、「ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト」で、Dreamers Union Choir の 「United Dreamers」 が、ゴスペル/インスピレーショナル部門のファイナリストに選出されました(2016 Session II)。

この「インスピレーショナル」というのが、英語圏で、僕らが言っている「Power Chorus」にほぼあたるジャンルです。

 

優勝こそいたしませんでしたが、ファイナリストは各部門(フォーク、R&B、童謡など全12部門)にたったの3名で、事実上、準優勝になります。

 

ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト

は、オノヨーコが設立し、今年で20年目になるアメリカで最も規模の大きいソングライティングコンテスト3つ程度のうちの一つです。
審査員は以下のような名だたるアーティストばかりです。

ジミー・クリフ
ブーツィー・コリンズ
ファーギー(ブラックアイドピーズ)
フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
シーラE
ネイザン・イースト
etc….

今回のシーズンでは、DUC以外すべての受賞者(12ジャンルの各優勝者と、ファイナリスト)が、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの英語圏からで、心より名誉なことです。

 

Dreamers Union Choir の名前は、ジョン・レノンの「Imagine」に由来します。
ゴスペルのレプリカをやりながらアーティストを名乗ることはできない。
アートをやるのだから、ゴスペルを名乗らない。
そのコンセプトで10年の時を歩んできたDUCにとって、世界で評価されるアートを行っていることが証明された、それも、ジョン・レノンの名を冠する大会で、こんなに素晴らしい10年記念の贈り物はありません。

 

日本から、キリスト教活動でないのにゴスペルを騙ったりしなくとも、世界に誇れるクワイアーアートを発信することができる、その可能性、その証明と、なることができたと感じています。

 

今回の受賞は実質的に1部門の準優勝であり、賞品は全く大きなものではありません。

 

しかし、今回の実績は、僕らは世界に通じる音楽を行っているのだという思いに堅固な確信を与えてくれました。それで、あまりにも十分です。

 

応援してくださる皆様に、心より感謝いたします。

DUCは、この国にクワイアーというアートが存在できることを証明するために、まだまだ成長します。

これからもなにとぞ、よろしくおねがいたします。

リンク:ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト(Official)

 

 

170618_1st_to_know

6.18 Yokohama

2017.2.23


#OptimisticChallenge

2017.2.8


Sounds Of Blackness が実践中の Optimistic Challenge を受けて、DUCも。

161106_flyer_cutout_for_eyecatch

Choir Freak 11.6 横浜赤レンガ倉庫ホール Flyer

2016.10.9


11.6 Choir Freak フライヤーです。

デザイン by カーティス from Soulove
161103 Flyer omote

「Choir Freak」チケットご予約:

powerchorustheshop_logo

161103 Flyer ura


Dreamers Union Choir
ドリーマーズ・ユニオン・クワイアー

Copyright 2015 Dreamers Union Choir. All Rights Reserved.