Featured Video Play Icon

贈る言葉 (ご卒業おめでとうございます)

2020.3.19

この春卒業式を迎えた世代は将来、「私も卒業式に親が来られなかった年!」「全員マスクでやった年!」という感じで盛り上がるのでしょうか。

 

少なくともこの年が寂しい思い出でありませんように。

 

「贈る言葉」を歌わせていただきました。

今回コーラスアレンジはTomie。

大橋トリオさんのコードアレンジに基づきます。

 

なお、木島タローが楽曲の解説をさせてもらいました。

 

 

 

Featured Video Play Icon

4th Album Recording 進捗

2020.2.22

パワーコーラスの粋を集めたサウンドをお届けするため、2019年より制作が続いているDreamers Union Choir 4th Album。

慎重に練り上げてゆくレコーディングの様子をレポートします。

 


“United Dreamers” Drum Recording

佐藤由

一発OKでミスのない見事な演奏を行ってくれた由くんの演奏を、特別にフルでお届けします。

 


 

“Didn’t Anybody Love Him” Accordion Recording

巡〜MeguRee〜 

この楽曲の世界観のために、アコーディオンデュオ “巡〜MeguRee〜 ” に参加してもらいました。

 

 


“United Dreamers” Choir Recording

技巧としては最も気をもむ、ヘミオラ部の練習中です。

 


シングルKitan Datta from ZERO、The One for Someone はすでに発売中です!

 

Kitan Datta from ZERO

https://linkco.re/2v00Ys42?lang=jp

 

The One for Someone

https://linkco.re/cGgndB34?lang=jp

 

Featured Video Play Icon

DUC SNS

2020.2.18

DUCはただいま、諸々発信の準備中です。

ぜひ各、フォロー、登録ください!!

 

YouTube:

https://www.youtube.com/user/DreamersUnionChoir

 

Twitter:

https://twitter.com/DreamersUnion

 

Facebook

https://www.facebook.com/DreamersUnion/

 

Instagram

https://www.instagram.com/dreamersunionchoir/

 

 

GM新車発表 at Hi-Node(日の出埠頭)

2019.12.8

2019.12.3 GM(ゼネラルモータース)新車発表イベントのゲストをお迎えする場で歌わせていただきました。写真はXT5ですが、発表になったのはXT6

———————-

DUCは、イベントでのパワーコーラス演奏のご依頼もお受けしています!!

コンタクト

 

Featured Video Play Icon

聖徳学園ワークショップ

2019.11.13

10月26日、木島タローとDUCにて、聖徳学園中学高等学校(東京都)PTA教養講座として、ゴスペルミュージックのワークショップ*を行ってまいりました!!

 

集まった人々の間にパワフルなコーラスができてゆくのを感じながら、ゴスペルミュージックの歴史と本質を学びます。

 

ワークショップはDUCにとっても、自分たちがやっていることを多くの皆様とシェアでき、その価値を感じることができる大切な機会です。お招きいただいた機会に感謝しています。

 

今回参加メンバー

緒方利菜

Hiiro

一條絵美

有美

坂牧俊輔

JUO

&

木島タロー

 


木島タローおよびDreamers Union Choir では、ワークショップのご依頼も承っています。学校や地域のコミュニティーなど、みんなで声を出し、「人が生き抜くための命のコーラス」の歴史とパワーを体感し、声と心が一つになるワークショップ。

 

コンタクトページからご相談ください。

 

*DUCはゴスペルグループではありませんが、ディレクターは20年以上のキャリアを持つ黒人教会のピアニストであり、ゴスペルミュージックに関して高い専門性を有しています。

 

——————————-

ハモネプ楽曲:

Under The Sea

Yah Yah Yah

バナナマンのせっかくグルメ主題歌 歌っています。

外部リンク

 

DUCは、ゴスペルも、ゴスペルでない曲も歌い、宗教活動ではない音楽「パワーコーラス/PowerChorus」のグループです。

Gospel 楽曲のカバーはこちら

 

 

芸術鑑賞会/佐久市・岩村田高校&野沢北高校

2019.9.6

2019年9月4日

長野県佐久市の、岩村田高校、野沢北高校、2校1200人の芸術鑑賞会をさせていただきました。

演目は、黒人霊歌、ゴスペル、ポピュラーまで、命のコーラスの歴史、そして後半はオリジナルナンバー中心にDUCの大切なメッセージを運んできました。

 

芸術鑑賞会はライブとはまた違い、教育現場に関わる人々が生徒たちに届けるべきアートとして選んでくださる機会なので、やりがいもあり、また責任重大です。

 

与えられた機会に心から感謝しています。
ありがとう、佐久、小諸!!

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

DUCは、出張演奏を行っています。詳しくはContactページからお問い合わせください。

学校法人の年度行事としての芸術鑑賞会は、 東京音楽鑑賞協会へお問い合わせください。

 

 

Featured Video Play Icon

それはひたすら「ゴスペルコーラスの作り方・上級編」

2019.1.31

ディレクター、木島タローの師であるMDストークスが来日、3日間に渡る公開ワークショップと、DUCとのレコーディングセッションを行いました。

 

全セッションをYouTubeでライブ配信していましたので、長いですが、こちらでごらんいただけます。全てご覧いただくと、表現や録音の大きな秘密がいくらかわかると思います(途中,カメラの電池切れで通信が途絶えるところがあります)。

日本では、ゴスペルはカバー曲を歌うのが一般的ですので、実際のアーティストが製品を作るために録音する機会は稀です。

自分のアーティストとしての表現がその音にかかっていると言う「緊張感」。オリジナルアーティストであるDUCにとって、MDストークスのアートの緊張感を経験できることは大きな財産となりました。

 

多くの黒人教会で、外部の著名な牧師などを呼んで礼拝を行う「Revival(リバイバル/再活性)」というイベントを年に一回程度行なっています。DUCにとっては、まさにこの日がそうでした。

20年前にMDストークスからゴスペルを学んだ木島にとってもリバイバルでした。

 

 

[AAHH 解説] #605 Deep River

2018.7.21

African American Heritage Hymnal (アメリカ黒人遺産聖歌集) 605番 Deep River 解説 ダブルミーニング(二重の意味)を持ったものの中でも代表的な一曲。黒人霊歌中の「ヨルダン川」は、実際に死を迎えようとしていた奴隷たちにとってはいわゆる「三途の川」だったが、生きて自由になろうとする者たちには別の意味を持っていた。

Featured Video Play Icon

African American Heritage Hymnal, sung as written arrangement.

2018.7.8

The African American Heritage Hymnal (AAHH) is a hymnal book composed of more than 500 selections that are commonly sung among black congregations in the United States.Some are relatively new (70s-80s) and some are so old that you cannot even trace the origin of the song accurately.

From the book, we picked the songs that do not have a writer’s name. These songs have the words “Negro Spiritual”, “Traditional” or “African American Traditional” at the spot where the writer’s name should be (e.g. Text:___ Tune:___ ).

As is the common custom of hymnal books today, the songs in AAHH are beautifully/academically arranged in SATB choral music that works without instruments. However, in black churches it’s not a common custom to sing these songs “as written” in the book.

So, we thought that these precious arrangements and its effort are missed opportunities to be sung or heard.

The challenge is that the scores in the book are not successfully carrying the feeling, tempo, or beat of the song. Sometimes notes do not show if the song is sung in a “Shuffle (a 4th note of which is composed of a triplet)” or “Even (a 4 note is divided into two 8th notes) “ such as #549 This Little Light Of Mine, the song is hardly sung in an “Even beat” in churches but the score is written in an “Even beat.”

We assume one of the reasons this happens is that the arrangers of this book are not always from an African American congregation and learned the song from somewhere else other than a church, although the arrangements are beautiful in a classical music manner. In addition, we understand that the manner of black singing are sometimes very hard to notate in a western method.

So, to sing it without losing the feeling of tradition, you cannot depend solely on the scores. You have to know the church custom to see how these songs have been
sung among a black congregation.

Our challenge is, to sing the notes exactly as written and still hold on to a church feeling.
Also, we tried to adjust the color of our voices to match with the each of the arrangements.

[Below is the YouTube “Playlist” that play the songs one after another automatically.]

Featured Video Play Icon

自由の森学園コンサート&ワークショップ

2018.6.13

絵美、宇田めぐ、トミー、まお、& 木島タローで、木島の母校、自由の森学園にてコンサート/ワークショップを行ってきました。

 

自由の森に由来する「昔話」演奏することができたこと、幸せでした。

(撮影時に、参加者全員に公開許可をもらっています)


ドリーマーズ・ユニオン・クワイアー

Copyright 2019 Dreamers Union Choir. All Rights Reserved.